ルーレットの遊び方

オンラインカジノでルーレットはなくてはならないゲームです。

 

ルーレットを遊ぶ前には、どのようなルールがあるのかを確認しておきましょう。

 

ルーレットには緑色の「0」あるいは「0か「00」と赤と黒で色分けされた数字が並んでいます。

 

ルーレットにはヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルとメキシカンスタイルがあり、オンラインカジノによって使われるものが変わります。

 

ヨーロピアンスタイルは「1」から「36」そして「0」を足した37個のポケットがあり、アメリカンスタイルはそれに「00」を加えた38個のポケット、メキシカンスタイルだと000も加えて39個のポケットです。

 

ただ、メキシカンスタイルはあまり使われないので、主に2種類と考えて良いでしょう。

 

そして、遊ぶときのルールですが、基本はどこに球が落ちるのか予想して、チップを賭けていきます。

 

テーブルにはルーレットに書かれている数字だけでなく「1」から「18」までのグループと「19」から「36」までのグループ、偶数・奇数、赤・黒などがあります。

 

数字だけの部分はインサイドベットエリア、数字以外の部分はアウトサイドベットエリアとして区別されます。

 

インサイドベッドエリアでは、チップを一つだけの数字に賭けても良いですし、隣り合う数字や一列すべてに賭ける事ができます。数字以外の場合には、色や数字のグループが当てはまれば勝ちです。

 

賭けはディーラーの始まりの合図をしてから締め切るまで、賭ける場所や金額の変更ができます。

 

配当は球が入った数字を見事的中させたときが最も高く、赤・黒や偶数・奇数のように簡単な選択になれば低くなります。

 

つまりアウトサイドベットエリアよりもインサイドベットエリアのほうが、当たりにくいけれども配当が高く設定されています。

 

もし、賭けに勝つことが出来ても、配当は全額がプレイヤーのもとには入りません。控除率(ハウスエッジ)という手数料があり、運営側に一定の割合で差し引かれます。

 

ルーレットのタイプによって控除率は変わってくるので、期待される利益にも影響します。

おすすめの記事