ブラックジャックの遊び方

オンラインカジノではブラックジャックを楽しむことができます。

 

基本的なルールとしてカードの合計点数が21点、もしくは21点により近づいた方が勝ちとなるゲームで、カードの合計点数が21を超えた場合無条件に負けとなります。

 

カードの数え方に関しては、2から10迄は数字通りの数え方になると考えて間違いありません。

 

Aは1もしくは11と自分の有利になるように数えることができ、絵札であるJやQ、Kは10として数えることになります。具体的にはカードが6とQの場合合計点数は16となり、AとKの場合は合計点数は11か21です。

 

Aのカードが配られ、10かJ、KかQのカードが配られた場合合計点数は21となります。

 

結果最強の手であるブラックジャックが成立することになりました。21になるとディーラーに勝つ可能性がありますが、配当に関してはブラックジャックの場合は1.5倍となります。

 

具体的には10ドル賭け勝った場合賭け金を含め25ドルの払い戻しとなり、負けた場合は賭けた金額は全て失うことになると考えて間違いありません。

 

勝敗を決めるにはまずゲームを行う必要がありますが、テーブルに掛け金を出すとプレイヤーとディーラーに2枚のカードが配られます。

プレイヤーは表向きのカードが2枚となりますが、ディーラーのカードは表向きが1枚のみとなるため1枚の数字はわかりません。3枚の表向きのカードをチェックし次の手を判断することになります。

 

具体的にはプレイヤーのカードがAと絵札の場合はブラックジャックとなり、ディーラーが21でない限り勝ちとなります。

 

プレイヤーのカードが3と6の場合は、21に近づけるため1枚カードを追加します。勝負を行いたい場合は、スタンドを選ぶとディーラーの2枚目のカードが表向きになり勝敗を決めることができます。どのようにゲームを行ったらよいかわからない場合はベーシックストラテジーを利用することができます。

 

確率に基づいた最良の手が表にまとめられているため、参考にすると戦略的にゲームを進めることができるのではないでしょうか。

おすすめの記事