オンラインカジノのペイアウト率

オンラインカジノのペイアウト率ですが、これはそこでどんなゲームが行われており、そのゲームでルールが採用されているか、そしてどんな賭け方をするかによっても変わってくるため、全世界共通でただ一つの数字を示せるようなものではありませんが、標準的には95%程度かそれ以上と言われています。

 

これはペイアウト率が75%前後とされている競馬などの公営競技やパチンコなどと比べても段違いの数字であり、それだけ勝ちやすいギャンブルだということが言えるのです。

分かりやすい具体例を一つ挙げると、ルーレットがあります。

 

ヨーロピアンタイプのルーレットの場合、1/37の確率で外れることになりますから、ペイアウト率は36/37で計算することができ、約97.3%となります。

 

「0」の他に「00」があるアメリカンタイプのルーレットでも36/38ですから94.7%と計算されます。

 

カードゲームやクラップス、大小などのダイスゲームでも同じようなもので、よほど極端な例を別にすると90%を割り込むような賭け方というものはほぼ皆無です。

もちろん、どんなギャンブルであっても、それが事業として運営されている以上は運営費や人件費がかかります。

 

カジノであれば施設や設備を維持しなければなりませんし、ディーラーその他の人に対する給料支払いも必要です。

 

このような費用に充てることはできるのは要するに賭け金の一部を取っているからに他ならず、その意味ではペイアウト率が100%を越えることはあり得ませんし100%ジャストということもあり得ません。

 

それでは経営が成立せず、オンラインであろうがなかろうがカジノ経営はできないからです。

 

ですが、その制約の中でも、ペイアウト率95%前後というのは間違いなく高いということが言えます。

 

残りの5%は、言ってしまえばその中でプレイヤーが楽しむための費用であるとも考えられるわけで、結局は自分に返ってきているとも言えるからです。

おすすめの記事