オンラインカジノは基本的に海外に会社があります。

 

なにかトラブルが起きた時、簡単には裁判ができません。

 

会社が海外にあっても国内で裁判をすることは可能ですが、一定の条件を満たしている必要があります。国内の裁判に比べると時間も手間もかかるそうです。また、国際弁護士を雇うための費用は通常より高額になります。

 

そもそもサイトに記載されている代表者氏名や住所が偽物であり、実際にはその場所に会社はなく空き地かもしれません。

 

こういった事情があるので、なにかトラブルが起きてもほとんどのケースで泣き寝入りすることになるのではないでしょうか。

 

時間と手間、国際弁護士に依頼するためのコストなどのことを考えると被害額が数十万円では割に合わないと考えられます。

 

国内での犯罪被害でも、被害額が数万円では泣き寝入りすることがありますよね。

 

では被害額が大きければいいのかというと、絶対に裁判をして勝てる・お金が戻ってくるという保証はないので危険です。

 

そのため、最初から悪徳業者を見極めることが大切です。悪徳業者の特徴ですが、1年単位でサイトを作成・サイトを削除するを繰り返していることが1つにあげられます。

 

長期で運営していると警察などに目をつけられる可能性が高まるからです。

 

1年程度の短い間で利益を出して、警察につかまる前にサイトを削除してしまうということを繰り返しています。

 

今の時代はインターネットが普及していて利用者の口コミや体験談がすぐに上がるので、なおさら長期の運営は難しいです。

 

最低でも2年以上は運営していて、なおかつ利用者からの口コミや体験談が良好な会社を選んでおけば無難です。

 

最近はお金さえ払えば豪華なサイトを作れますので、サイトのつくりやシステムが豪華というだけで信頼してはいけません。

 

長い間運営を続けていて、利用者から良好な声が上がっているということは変えようがない事実ですので、信頼できるポイントです。

 

ただし、口コミなどはだれでも投稿できるので、完全に鵜呑みにすることは危険です。

おすすめの記事